銀行カードローンは融資の限度額がない

銀行カードローンの特徴は、融資の限度額が無いことにあります。
本来、キャッシングのように個人の消費者に対して融資をすることができるサービスでは、貸金業法における総量規制という融資の規制が適用されるのです。

総量規制では、消費者の年収の三分の一を上限としてお金を借りることが出来るようになりますので、融資の限度額に上限がつくことになります。
これは、融資の契約に関して金銭トラブルを発生させないように法があらかじめ用意している規制ですので、貸金業者の勝手な判断によってお金を貸すことは出来ません。

しかし、銀行カードローンにはこの総量規制が適用されないのです。
そもそも、銀行は金融機関であって貸金業者ではありません。

貸金業者は、消費者に対してお金を貸すことを目的として作られた会社ですので、お金を貸すこと以外はサービスとして提供してはいけないのです。
反対に、銀行はお金を貸す以外にも金融商品として消費者から預かったお金を運用してそれを金利に還元しなくてはいけません。

このように預かったお金を運用するためには銀行法という別の法律の適用がないといけないので、銀行には総量規制は適用されないわけです。
そのため、より多くのお金を借りたいときには銀行のカードローンを利用することが賢明です。

収入証明をするときのポイント

キャッシングを利用して融資を受けるとき、一定以上の金額を希望した場合は収入証明書を提示しなければいけないことがほとんどです。
消費者金融の場合は貸金業法にお金を貸す側の返済能力調査義務が定められているので、50万円を超える額を融資するときは必ず年収を調査しなければいけません。

銀行にはこのような調査義務はないため、収入証明書が必要になる金額はキャッシングによってまちまちです。
しかし、融資額が大きくなってくるとやはり収入証明書の提出が求められます。

この収入証明書は所得証明や源泉徴収票などを使うことができますが、大抵は手に入りやすい給与明細を使うことがほとんどではないでしょうか。
税金関係の記載があれば一ヶ月分、そうでなければ二ヶ月分の給与明細書を提示すれば収入証明をすることができます。

給与明細書を使って年収証明をするときに気をつけたいのが賞与明細書を忘れないということです。
自分の年収を記入するときには、もちろんボーナスの分も含めて記入しているはずですが、1年分の賞与明細書を添付しておかないと、その金額を差し引いた額が年収だと判定されてしまいます。

こうなると金利や限度額が不利になることがあるので、賞与明細書も忘れず用意しましょう。

キャッシングの落とし穴

3年前私は、借金返済に追われていました。
そうなった理由は、旦那の浪費にありました。

うちには小学校に通う2人のこともがいます。
今は上が6年生、下が4年生ですが、当時は下が入学したばかりでした。

それまでは、自営でお店をしていて、慎ましくも家族4人で幸せに暮らしていました。
夫婦2人でお店に立ち、人手が足りないと、子供たちが手伝ってくれました。

しかし、あまり経営が思わしくなく、店をたたまなくてはなりませんでした。
主人はショックからかふさぎ込み、私はパートに出ることになりました。

慣れない仕事でしたが、家族の事を考えたら贅沢は言っていられないので、夢中で働きました。
そのうち、主人が外に行くようになったので、どこか働き口を探していると思っていましたが、ギャンブルに行っていました。

私の働いたお金がほとんどがギャンブルに消え、生活も苦しくなり、とうとう金融機関でキャッシングをしてしまいました。
主人は、懲りずにギャンブルばかりで、私は本当のことを話しました。

しかしやめるどころか、次のキャッシングを要求してきたのです。
そんなことを繰り返しているうちに借金は100万円に膨れ上がっていました。

しかも、家庭と仕事の両立で疲労がたまり、それが悪化し入院することになってしまいました。
さすがの主人も、このままではまずいと思ったのか、ようやく仕事を探すようになり、希望していた職に就くことができました。

私の入院費もあり、100万円から150万円に膨らんでしまった借金を、頑張って2人で返済していきました。
返している途中で、挫折しそうにもなりましたが、2人で何とか励ましあいながら、完済することができました。

キャッシングは、必要な時にいつでも引き出せて便利な分、金銭感覚をおかしくしてしまうと私は感じました。

しかしそれは、キャッシングそのものがいけないのではなく、計画を立てずに借りてしまう利用者に問題があると思います。

計画を持って正しく使うといいと思います。